育毛薬プロペシアの力

育毛薬といえばプロペシアがとても有名です。プロペシアは頭皮に塗るタイプと違い錠剤タイプなので髪をべたつかせず、錠剤を服用するだけなので簡単に治療が可能です。当サイトではプロペシアの育毛効果を中心にご紹介していきます。

育毛薬はヘアサイクルを理解して半年は使おう

抜け毛が気になり育毛薬でケアを始めたけれど、あまり薄毛対策の効果が得られないと感じる方も多いようです。
発毛効果を実感できないと、使い方が悪いのでは?自分に合わない育毛薬?質の悪い商品を買ってしまった?など、色々と気になってしまうでしょう。

せっかく、一生懸命ケアしても、ほとんど効果が出なければモチベーションも下がってしまいます。
ただ、育毛薬を使う場合、ヘアサイクルを理解していなければ、このような悩みを感じてしまうかもしれません。
薄毛対策の為にも、ヘアサイクルは理解しておく事がお勧めです。

ヘアサイクルとは、髪が生えたり抜けたりを繰り返す、周期の事を言います。
成長期・退行期・休止期という3つの周期で、ヘアサイクルは成り立っています。

成長期は髪が太く長く成長する期間で、健康な毛根の場合約2年から6年程度、成長期は続く点が特徴です。
退行期は成長がストップし抜ける期間で、約2週間から3週間程で休止期に移行します。
休止期は完全に毛根の働きが、止まっている期間です。
休止期は約3ヶ月から4ヵ月程続きます。

このように、1つの毛根から髪が生えていない期間は、3ヶ月から4ヵ月はあるのです。
ですので1ヶ月程度、育毛剤でケアしても、なかなか発毛効果を実感する事はできません。
休止期に入っている毛根が成長期となり、ある程度髪が伸びなければ、発毛を感じる事は難しいでしょう。

どのくらいで、育毛薬の効果を実感できるのかというと、個人差はありますが最低半年と言われています。
半年程経てば休止期だった毛根が成長期となり、髪もある程度伸びています。
育毛薬はヘアサイクルの仕組みを理解し、最低でも半年使う事で発毛効果を感じられるアイテムなのです。